遠距離恋愛から結婚するためのコツを知ろう

遠距離恋愛中の破局率

気軽に会える距離じゃない場合、多くは三か月から半年以内で別れています。一方、10%くらいのカップルは、引き続き遠距離れないを続け、見事ゴールインしています。

遠距離恋愛の達人が試して効果があったものベスト5

手
no.1

こまめに連絡をとった

なかなか会えない分、接点を持てるのは電話やメールしかありません。忙しくても朝や夜はおやすみやおはようの挨拶を欠かさず送っているようです。

no.2

相手を気遣った

ただ単に連絡するのではなく、相手の変化へ瞬時に気づくことも必要です。例えば、相手が前日残業して帰ってきた場合に労いの言葉をかけるだけで、安心感を与えられます。

no.3

あまり束縛をしなかった

連絡がこなかったり、素っ気なくなったりすると浮気をしているんじゃないかと疑いますが、恋人を束縛するような言動は控えるべきです。もし束縛が強くなると、結婚への気持ちが薄れてしまう危険性があります。

no.4

気持ちを素直に伝えた

業務的なメールで終わらせるのではなく、相手から連絡がきた時、素直に嬉しい!という気持ちを出すことも重要です。相手もあなたに愛されていると実感できますし、結婚したいなと思わせることができるかもしれません。

no.5

負担にならない程度に会いにいった

遠距離恋愛でネックなのが交通費です。相手にばかり負担を与えるのではなく、たまには自分から会いにいくことも大切です。これがきっかけで相手が結婚を決意し、無事ゴールインした事例もあります。

遠距離恋愛から結婚するためのコツを知ろう

LOVE

結婚するためのポイントとは?

会いたくても会えない環境に、限界を感じるのは無理もありません。遠距離恋愛を辞めて結婚したいと思うのはごく自然の流れです。もし、相手との結婚を真剣に考えるなら、結婚後の生活を具体的にイメージしましょう。どちらかの収入では生活できないのが今の日本なので、あなたも自立をしていつ結婚しても大丈夫な状態にしておくことが大切です。事実、結婚した後この行ないがプラスに働いた例も多くあります。

指

時には覚悟も必要

遠距離恋愛が5年10年と続くことを考えると、遠距離期間を決めて一歩踏み出すことが重要です。これが時に別れに繋がることもありますが、遠距離から結婚を実現するには行動あるのみなのです。

焦りは禁物!

結婚したいからといって、相手に詰め寄ったり会うたびに結婚の話ばかりすると返って相手の方が距離を置いてしまいかねません。遠距離から結婚するためには、焦らず、ゆっくり相手を説得することが一つのポイントでしょう。

広告募集中